阿彌 2018年公演 オーディション

私たち阿彌は、伝統と前衛がせめぎ合う「前衛的現代能」の舞台に、阿彌独自の新しいメソッドで挑戦しております。今回の舞台では、20世紀末から21世紀にかけての少年事件(宮崎勤・酒鬼薔薇聖斗・佐世保少女刺殺事件etc.)をモチーフにした、『静かなる傾斜』の決定版に取り組みます。ポスト舞踏を展開し続ける異能のコレオグラファー大橋可也(&ダンサーズ)、舞台の映像詩人ヒグマ春夫を迎えて、この大虚無の世紀に、プリミティブな光の顕現を期待する舞台に挑戦します。 初心者の方、芝居に苦しみ疑問のある方、経験・年齢・国籍いっさい問いません。お待ちしております。

概要
阿彌 第17回公演
作・演出:岡村洋次郎
公演日程:11/29(木)~12/2(日)
会場:シアターバビロンの流れのほとりにて
http://www.tokyobabylon.org

応募条件
1. 初心者・20代・30代・40代・50代・大歓迎
2. 2018年7月より都内で行われる稽古、および2018年11月下旬より12月上旬まで行われる公演に参加可能な方
3. 下記のオーディション日程に参加可能な方
2018年 6/29(金)、30(土) 19:00~22:00

応募方法
応募締切:6/22(金)
以下の要項を記入し、メールにてご応募ください。
1. 氏名
2. 年齢
3. 電話番号
4. メールアドレス

参加費
1,000円(税込) オーディション参加時、会場にてお支払いいただきます。

応募先
email@tokyobabylon.org

お問い合わせ
小劇場 東京バビロン内
阿彌 2018年公演 オーディション受付係
email@tokyobabylon.org
03-3927-5482 (12:00~20:00)


岡村洋次郎
阿彌主宰。(故)竹内(敏晴)演劇研究所にて、「命のレッスン」(5年間)を通して生命的・身体的復活を経験する。観世流能楽師(故)観世栄夫に師事(8年間)。能楽の身体的言語を通して舞台創造の根源に触れる。1994年 阿彌(劇団)を結成。