粋地獄
「Good-bye Daisy」

不安で、醜く、汚れていて、同じものはない。

振付・演出・出演:中村 駿
出演:江上真子、小林利那 (スッポンザル)、松隈加奈子 (水中めがね∞)、 渡邊華蓮 (odd fish)

粋地獄とは
中村駿が振付をする女性ダンサーのみを集めたダンスグループ。
男性的身体を女性に渡すことで生まれる表現の幅を見出すため、2017年に始動振付に焦点を絞り作品創作を行う。
「圧倒的に動く身体は多くを語ることができる」

 

日程
8月30日(金) 20:00
8月31日(
) 14:00/19:00
9月1日(
) 13:00/18:00

※開場は開演の30分前。上演時間65分。

料金
一般前売 3,000円/学生前売 2,500円
 ※当日券は+500円。

お問合せ
https://ikijigoku.amebaownd.com


  東京理科大学 劇団ポコポコ
夏公演「エチノザ」

ある教団で集団発狂死事件が起きた。
調査に向かった楠木と橘が出会ったのは、「世界を救う」と信じられる宝具、エチノザだった。
2つの正義を巡り、世界の過去が暴かれる。

正義とは、平和とは、信仰とは何か?
この国に、明日はあるのか

 

日程
9月6日(金) 19:00
9月7日(
) 13:00/17:00

※開場は開演の20分前。上演時間90分を予定。

料金
前売・当日共 1,000円/リピーター 言い値

※全席自由席。リピーターは要半券。

お問合せ
https://twitter.com/gekipoco


  テアトロ*ネネム
「今日という日の花を摘め」
 
第31回池袋演劇祭参加作品
https://ikebukuroengekisai.jp

作・演出:成井憲二

劇団シアターパイナップル第7回公演の稽古初日を明日に控える中、座付き作家の染谷トキオは脚本を1ページも書けないでいた。
発狂寸前のトキオのもとに母から電話がかかってくる。内容は実家の長崎に住む叔父・森岡晋平がなくなったというものだった。
トキオは晋平の葬儀を口実に、1週間稽古を遅らせることに成功。それでも脚本が書けないトキオは、晋平の遺品の整理中『今日という日の花を摘め』と題された、ラストシーンのない脚本を見つけ出す。
それは30年前に晋平が書いた、1人の少女の物語だった。

 

日程
9月13日(金) 19:30
9月14日(
) 14:00★/19:00★
9月15日(
) 13:00/17:00

※受付開始・開場は開演の30分前。上演時間は90分を予定。★の回はアフターイベントあり。

料金
一般 2,000円
大学・専門学生 1,500円
(要学生証)/高校生以下 1,000円 (要学生証)

※全席自由・日時指定・当日精算。当日券は+500円。

お問合せ
https://teatro-nenemu.amebaownd.com


  「シアタープロレス花鳥風月vol.61,62
新風流人タッグリーグ戦」

昼の部 14:00開演
①(A予選)
大谷譲二・韋駄天 vs 大川順平・スペースレッド
②(B予選)
佐藤恵一・石坂ブライアン vs 野村龍之介・武村ケンシロウ
③ビッグバン・ベリー vs 後藤恵介
④服部健太 vs 井坂レオ
⑤寧々∞D.a.i・チェスカ vs マッチョマイケルズ・虎龍鬼
⑥FC マッチ

夜の部 18:00開演
①(A予選)
服部健太・アンドロス vs 佐野直・マッチョマイケルズ
②武村ケンシロウ vs マスクドミステリー
③石坂ブライアン vs 後藤恵介
④韋駄天・井坂レオ vs 神楽・大川順平
⑤リッキーフジ・野村龍之介 vs ビッグバンベリー・那須晃太郎
⑥FC マッチ

 

日程
9月16日(
月,祝) 14:00/18:00

※開場は開演の30分前。

料金
全席自由 3,500円/昼夜通し 1,000円引き/小中学生無料

お問合せ
https://twitter.com/gtalentp


  ポッキリくれよんズ
「ワーク・スペース・フライデー」
 
第31回池袋演劇祭参加作品
https://ikebukuroengekisai.jp

脚本:しきぶ
演出:石橋啓太郎

宇宙でも、地球でも、いつも決戦は金曜日。

 

日程
9月21日() 14:00/19:00
9月22日(
) 14:00/19:00
9月23日(
月,祝) 13:00/17:00

料金
一般 2,500円/学生 2,000円
(大学生、専門学生を含む。要学生証)
同僚割 3人で 6,000円
(同じステージを見る場合に限る。自己申告制)
当日 3,000円

お問合せ
https://twitter.com/pockiricrayons


  TEAM海賊 第四回航演
「アンナは最高の女」
 
第31回池袋演劇祭参加作品
https://ikebukuroengekisai.jp

脚本:宇野正玖
演出:山下諒

アンナは最高の女。

何故って?最高に説明はいらねぇよ。
アンナは3人の男と恋に落ちた。

アンナは最高の女。

3人のハートを同時に射止めた。
3人はアンナにくびったけ。

アンナは最高の女。

誰かひとりを愛するなんてできやしねぇ。
3人とも愛してみせる。うまくやるさ。
だってアンナは最高の女。

―果たして、3人を同時に愛した
アンナの恋の行方は?

驚きの展開と、“想いを伝える”姿に
あなたはきっと感動する。

 

日程
9月26日(木) 14:00(東 公開ゲネ)/19:00(東)
9月27日(金) 14:00
(西 公開ゲネ)/19:00(西)
9月28日(
) 14:00(東)★/19:00(西)
9月29日(
) 14:00(西)★/19:00(東)
9月30日(
月,祝) 12:00
(西)/16:00(東)

※受付開始・開場は開演の30分前。★の回は開演15分前にSP企画あり。

料金
前売 3,000円/当日 3,500円/公開ゲネ割 2,500円
東西券 5,000円
(東組・西組の両方とも観劇出来ます)

お問合せ
https://team-kyjack.jimdo.com


 
東京バビロン提携公演
アマレヤシアター/国境なき自立者:日本におけるポーランド

 

【イベントスケジュール】
9月16日(月,祝)~25日(水) 札幌中心部
10月1日(火)~6日(日) 東京中心部
公的空間におけるパフォーマンス「ブロニスワフ·ピウスツキはここにいた」
出演:ピョートル・ヴ(ポミスロダルニア財団)

9月17日(火) 18:00~21:00
ダンスと演劇のワークショップ「身体と動作の演習」
会場:さっぽろ自由学校「遊」http://sapporoyu.org
指導:アマレヤシアター&ゲスツ|カタジナ・パスツジャク、アレクサンドラ・スリヴィンスカ

9月18日(水) 18:00~21:00
音のワークショップ「細胞組織‐音声‐共鳴」
会場:さっぽろ自由学校「遊」http://sapporoyu.org
指導:ナタリア・チリンスカ(アマレヤシアター&ゲスツ)

9月21日(土)
公演前の発表「(残)響 ポーランドと日本に架ける橋(原題:(Po)głosy. Pomosty między Polską i Japonią)」
会場:秋田 鎌鼬美術館 https://kamaitachi-museum.wixsite.com/main

9月28日(土)
初日公演「(残)響 ポーランドと日本に架ける橋(原題:(Po)głosy. Pomosty między Polską i Japonią)」
リハーサル参加:主催者チームとアイヌ女性会議のメンバー
場所:札幌 生活支援型文化施設コンカリーニョ http://www.concarino.or.jp

10月2日(水)、3日(木) 14:00~20:00
演劇ワークショップ「古典演劇の舞台裏/多様な読解・解釈」Agata Chałupnik教授編 Rodzaju żeńskiego
参加者はヨーロッパとポーランドの文学、そして日本の文学において文学的な規範がどのように構成されているかを見ていきます。アガタ・チャルプニクと共に参加者はそこに同様の排除のメカニズムが働いているかどうか、規範に性差があるかどうか、そして女性のスタイルの特徴やドラマトゥルギーの構造を示すことが可能かどうかを考えます。私たちは、ポーランドと日本の劇作家によって取り上げられた主題を比較します。ワークショップの出発点は2つの戯曲、ノラ・スチェパンスカによる「Kucharki(料理人たち)」とクリスティナ・ウニエコウスカによる「Płyty(ビニール)」についての議論です。最初のテキストは台所と寝室の観点からヨーロッパの戯曲(「アンティゴネー」「ハムレット」と「ゴドーを待ちながら」)の規範を書き換えます。一方、2番目のテキストはトラウマの話を語ることを可能にするメタファーの探求です。この形式で特別に女性的なものはあるでしょうか。特別に女性的な形式とは日本では何を意味しているでしょう。またポーランドでは何を意味しているでしょう。最後は参加者と共に行う2か国語によるリーディング公演になります。
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて
指導:アガタ・チャルプニク(ワルシャワ大学/ポーランド文化研究所)

10月4日(金) 14:00~15:30
ダンス・演劇ワークショップ「身体、動作、ダンスの即興についての演習」
身体、ムーブメント、即興ダンスの実験室:アマレヤシアターの実践におけるポーランドのフィジカルシアターの伝統と同時代性を体験するワークショップ。
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて
指導:アマレヤシアター&ゲスツ|カタジナ・パスツジャク、アレクサンドラ・スリヴィンスカ

10月4日(金) 16:00~18:00
音のワークショップ「細胞組織‐音声‐共鳴」
サウンドスタディやサウンドアートで使われているテクニックを使って、参加者は自分たちが住んでいる風景の音の層を発見することになるでしょう。音の風景は、私たちが住んでいて私たちがその一部である生態系にどのように共鳴するでしょう。そして、私たちはそのような音の風景の中でどのように共鳴するでしょう。自然な環境とはどのようなものでしょう。私たちは音響人類学、記録、そしてサウンドアートの狭間でこれらの質問に答えます。ワークショップでは、ディープリスニングテクニックとフィールドレコーディングを使います。私たちは音の絵葉書の形でポーランドと日本の間の音の往復書簡を始めます。
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて
指導:ナタリア・チリンスカ(アマレヤシアター&ゲスツ)

10月4日(金) 19:00
公開リーディング公演「古典演劇の舞台裏/多様な読解・解釈」(入場無料)
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて
指導:アガタ・チャルプニク(ワルシャワ大学/ポーランド文化研究所)

10月5日(土) 19:00
公演「(残)響 ポーランドと日本に架ける橋(原題:(Po)głosy. Pomosty między Polską i Japonią)」
アフタートーク/竹重伸一氏の進行によるパフォーマンス後のディスカッション
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて

10月6日(日) 11:00~13:00
子どもと10代の若者を対象とした創造的ワークショップ「ブロニスワフ・ピウスツキ‐または極東アジアで有名になる方法」(入場無料)
ブロニスワフ・ピウスツキと彼のアイヌ研究に関するKatarzyna Nowak氏の出版物に基づく、子ども(保護者同伴)と10代の若者向けワークショップ(日本語通訳付き)。ブロニスワフ・ピウスツキについての本と紙芝居(木枠の中の絵画、筋を作るイラストを見せながら行う)に基づいてアイヌ文化に触発された子供たちのためのワークショップ。そのシナリオは、カタジナ・ノワクによって書かれた上記の本に基づきます。「ブロニスワフ・ピウスツキ‐または極東アジアで有名になる方法」(著者:アガタ・チャルプニク、和訳:岩⽥美保、イラスト:パウリナ・パジジェラ)。ワークショップ中に子供たちと作者は、織物と装身具を使った民族工芸に基づいて彼ら自分の手工芸品を作り、それを上演で使用します。
指導:カタジナ・ノワク氏(漫画博物館 副館長/クラクフ)

10月6日(日) 14:00~15:00
「ブロニスワフ・ピウスツキ-類まれな人物、そして著名な研究者」(入場無料)
ブロニスワフ·ピウスツキと彼の研究に捧げられた大プロジェクトについての講義とプレゼンテーション。
発表者:カタジナ・ノワク氏(漫画博物館 副館長/クラクフ)

10月6日(日) 19:00
公演「(残)響 ポーランドと日本に架ける橋(原題:(Po)głosy. Pomosty między Polską i Japonią)」
アフタートーク/竹重伸一氏の進行によるパフォーマンス後のディスカッション
会場:シアター・バビロンの流れのほとりにて

日程
10月5日() 19:00
10月6日(
) 19:00

料金
ワークショップ 1,000円/公演 2,500円
(全席自由席)

予約・ワークショップ申込み
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fc25d3ed94fc5a06

お問合せ
http://www.tokyobabylon.org


  明治学院大学演劇研究部
2019年度秋季定例公演「the rat 13」

東京湾岸13号埋立地。
13号棟からなる木造建築はソーシャルアパートメント【トロイメライ】

都会の景色に映えるレトロモダンな外観。ゆとりのある間取り。
セキュリティもBBQも最新設備で、住民同士の憩いのスペースも充実。
気になる家賃は13,000 円。電気ガス水道代どころか食費まで無料。
ここで過ごすアーバンライフはまさに、夢見心地。
ただ一つの不自然を除けば。

そこで生活するヒトの数、たったの【13】
夢見心地の生活が終わりを告げたのは、一匹のハツカネズミが4号棟に現れた時だった。
その感触だけは幻ではなかった。

 

日程
10月10日(木) 18:30
(リーニエ)
10月11日(金) 13:00
(リーニエ)/18:30(クライス)
10月12日(
) 13:00(クライス)/18:30(リーニエ)
10月13日(
) 13:00(クライス)

※開場は開演の30 分前。開演後10分間経つと、御入場できません。幼児、未就学児の入場は、誠に申し訳ございませんがお断りさせていただきます。Wキャストの詳細は劇団サイトをご覧ください。

料金
入場無料

お問合せ
https://twitter.com/meigakugekiken


東京バビロン http://www.tokyobabylon.org