慶應義塾大学ミュージカルサークルEM
16代卒業公演「解散」

作・演出:有賀実知

「あの娘とお近づきになりたいんならさ、アタシの“国盗り“手伝えよ」
そいつは、俺たちの前にある日突然“降臨“した。
古事記の世界から飛び出した神々と、大いなる争いに巻き込まれた冴えない男子大学生達が刻む、最後の夏の物語が今、幕を開ける___!!

 

日程
10月25日(金) 19:30
10月26日(
) 14:30/19:00
10月27日(
) 13:00/17:00

※受付開始・開場は開演の30 分前、上演時間120分。

料金
一般:前売 1,700円/当日 1,900円
専門学生・大学生:前売 1,500円/当日 1,700円
高校生:前売・当日共 500円

お問合せ
http://em.sfc.keio.ac.jp/


  「シアタープロレス花鳥風月vol.65」

 

日程
11月4日()
15:15 開場、15:30 開演 舞台「夢追人」
17:30 開場、18:00 開演 「新風流人タッグリーグ戦」

料金
「夢追人」:全席自由 1,500円
「新風流人タッグリーグ戦」:全席自由 3,500円/小中学生無料

お問合せ
https://twitter.com/gtalentp


  第1回飲み比べ公演
「利き茶」

某女子大OG三学年によるトリプルビル

本公演は都内女子大学舞踊コースで4年間学び、芸術に対して多用な感性を磨いた3学年に渡る卒業生11名によるダンス公演である。大学の創作ダンスコミュニティの中ではその大学の作品構成や雰囲気を指して、「○○大学らしい」ということもしばしばである。一方で、同大学内では学年単位で創作を行うことも多く、学年ごとのカラーが作品に味わいを与えていると感じている。本公演では「利き茶」の名の下に、その学生の個性を前面に出した3作品の似ている部分や異なっている部分の味比べをしてもらうことを目的としている。

出演
17年卒:伊藤まこと、甲斐ひろ
18年卒:井上渚、上杉春菜、金森茉莉瑛、鈴木あかり、藤原七海
19年卒:内藤治水、松元朋佳
20年卒見:近藤いちご、横井樹らら

 

日程
11月15日(金) 19:00
11月16日() 13:30/18:00
11月17日() 14:00

※開場は開演の30分前。上演時間100分。

料金
前売・当日共 2,500円

お問合せ
https://twitter.com/kikicha2019


  声劇会

  彩のくに創作舞踊団
「平気に踊るvol.1」

個性的なダンサーやコレオグラファーが、それぞれの独自性を、良くも悪くも十二分に発揮し、
平気に活動することを目的とした公演シリーズ第1弾!今回の上演作品は以下の3作品。

・あなたは、何をどのように見るのでしょう。「限られた中にある無限」(藤井香作品)
・隣人という未知「夕方の隣人」(松元日奈子作品)
・自立とは、人として最も自然な成り行きである「人に成る」(藤井彩加作品)

 

日程
11月26日(火) 19:30

11月27日(水) 19:30

※上演時間80分、2作品上演後10分間の休憩あり。

料金
前売 2,800円/当日 3.000円

お問合せ
https://www.heikiniodoru.com/


  Boo Boo project
第一回本公演
「9days actress」

脚本:皐月壱玖/演出:武部健太

ある国で起きた一人の少女の物語。少女は国から少し離れた小さな町で頭領である伯爵家に住んでいて、衣食住、教育など不自由なく暮らしていた。ある日、国王が病で倒れる。老い先短いと悟った大臣や伯爵貴族達は新国王を誰にするか話し合う。そこには彼らの黒い思惑がうずまいていた。

 

日程
11月29日(金) 15:00/19:00
11月30日() 15:00/19:00
12月1日() 13:00/17:00

※開場は開演の30分前。

料金
特典付先行前売券 5,000円/一般前売 3,500円/当日 4,000円 
※全席自由席

お問合せ
https://smileno0626.wixsite.com/boobooproject-1


  team.ごせんぷ 第三回本公演
「夏夜乃騒動顛末記」
-かやのそうどうてんまつき-

作・演出:平石愛
脚本協力:芙雪
原案:ウィリアムシェイクスピア『夏の夜の夢』

長きに渡って武士が各地を統べている、限りなく江戸に近い時代。
人と妖が住まう"東の藩"では、君主の忠臣・伊十郎の娘である弥阿(みあ)と、妖討伐隊『屑祓い』の若き戦士・水奈都(みなと)の婚約を祝う祭りが行われていた。
父の言いつけのまま、水奈都との婚約を受け入れてしまったことに複雑な思いを抱く弥阿は、祭りのさなかに不思議な花『三色すみれ』が盗まれたことを知る。『三色すみれ』が無くなれば、人と妖の世界のバランスが崩れてしまうらしいが、乳や水奈都は、なんだか状況を楽観的に捉えている様子。弥阿は、幼馴染の霊奈(れな)、伊佐久(いさく)と話し合い、『三色すみれ』について調べてみることを決意する。そんな彼女の前に突如として現れたのは"オウイ"と名乗る見知らぬ人物で――!?

シェイクスピアの名作喜劇『夏の夜の夢』を大胆にアレンジしたファンタジー時代劇!
一年の終わりに、殺陣あり歌あり、ドタバタなひと夏の夜の夢を!

 

日程
12月4日(水) 19:00
12月5日(木) 14:00/19:00
12月6日(金) 
14:00/19:00
12月7日(
) 12:00/16:00

料金
前売・当日共 3,500円/平日昼割 3,300円
(5日、6日14:00の回対象)/ペア割 6,600円
特典付きチケット 4,500円
(パンフレット、非売品写真1枚付き、11月15日までの予約限定)

お問合せ
https://twitter.com/team_gosenpu


  サルメカンパニー 第三回公演
「アクロイドを殺したのはわたし」

脚本・演出:石川湖太朗
inspired by ピエール・バイヤール『アクロイドを殺したのはだれか』

ファラーズ婦人が、睡眠薬を多量に服用して死んでいるのが発見された。自殺か他殺か不明のままに。続いて村の名士アクロイド氏が短剣で刺殺されるという事件がもちあがる。捜査を依頼されたのは村に越してきたばかりの名探偵ポアロ。事件の第一発見者である医師ジェイムズも助手となり捜査を進める。親族・召使など11人が容疑者にあげられたが犯人は誰もが予想し得ない人物だった。

世界の推理小説中、五指に入る古典的名編。その傑作を新たな切り口から読み解き、考察したピエール・バイヤール著『アクロイドを殺したのはだれか』。導き出したもう一つの真実を舞台化。サルメカンパニー初の長編ミステリー。あなたは真相にたどり着くことができるか。最後の最後まで見逃せない120分。

 

日程
12月11日(水) 18:00
12月12日(木) 18:00
12月13日(金) 13:00/18:00
12月14日() 13:00/18:00
12月15日() 13:00/18:00

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前。上演時間120分。途中入場不可、時間に余裕をもってお越しください。

料金
一般:前売 3,500円/当日 4,000円
学生:前売 3,000円/当日 3,500円
リピーター割 2,500円/YouTube割 100円引
(要チャンネル登録画面提示)

お問合せ
https://twitter.com/salmecompany


  声劇会

  route.© 第四回公演
「ネバーランド・キャロル」

作・演出:平安咲貴

"少女聖歌隊とは、悪しき魂を鎮めるために闘う、神に仕えし戦闘部隊である"
ある日、少女聖歌隊第7班に、村はずれの森に住み旅人を食らうと噂される残虐非道な化け物を討伐せよと命令が下される。
しかし、彼女達がその森で出会ったのは、醜い容姿をした"人間の"子ども達だった―。

 

日程
12月24日(火) 19:00 (★)
12月25日(水) 19:00 (♫)
12月26日(木) 14:00 (♠)/19:00 (♫)
12月27日(金) 14:00 (♠)/19:00 (♫)
12月28日(
) 14:00 (♠)/19:00 (♫)
12月29日(
) 14:00 (♠)

※★公開ゲネプロ、♫キャラクターグリーティング、♠キャストグリーティング
開場は開演の30分前。上演時間は100分を予定。公開ゲネプロは撮影可能です。予めご了承ください。

料金
事前精算 2,800円
(特典ブロマイド付き)/当日精算 3,300円/公開ゲネプロ 2,000円 (当日精算)
リピーター・布教割 1,500円
(当日精算、要半券、劇団扱いのみ)

※「この作品を布教したい!」と思っていただけた場合、チケットの半券一枚につき3名様まで布教割1,500円でご案内いたします。リピーター割と併用可能です。ご一緒にご来場いただくか、チケットの半券を布教したい相手にお渡しください。リピーターと布教割のご予約は12月9日から受付いたします。

お問合せ
https://twitter.com/routeCCC?lang=ja


東京バビロン http://www.tokyobabylon.org