劇団めでたし
第13回公演『DOLL』

 

脚本・演出
山川蓮矢

出演
山川蓮矢 関口恵那 粂川暁典 島之内教雅 井上由貴 成田やえ 川原悠聖 神澤裕哉 鎌田桂侑 西井響 谷村桃桂(A) いとうありさ(A) 七緒慧(B) 綿貫真菜美(B)

 

旅人がついた国は人形達が暮らす世界
だけど何かがおかしい。大切な何かを忘れてる気がする。

この世界は現実なのか、なぜ人形達が生きているのか。
人形達が生きる、争う。ダークファンタジー

 

上演日程
9月28日(水) 19:00(A)
9月29日(木) 19:00(B)
9月30日(金) 14:00(A)/19:00(B)
10月1日(
) 14:00(B)/19:00(A)
10月2日(
) 13:00(A)/17:00(B)

※受付開始・開場は開演の30分前。途中入場不可。上演時間90分。

チケット料金
一般チケット 4,000円/招木チケット 5,000円

※公演期間中、劇場に応援したい役者・お客様のお名前(ニックネーム可)を書いた名入り招木を掲示させていただきます。詳細は公式ウェブサイトでご確認ください。

お問合せ
https://twitter.com/_medetashi


  芸術家集団 式
旗揚げ公演『地獄変』

 

原作
芥川龍之介

構成・演出
河合達也(劇団山の手事情社)

出演
有村友花(劇団山の手事情社) 尾﨑彰雄 斉木和洋(劇団山の手事情社) 髙橋真理 高橋結希 渡辺可奈子(劇団山の手事情社)

 

とある絵師がいた
とある文士がいた

彼らの腹には 地獄が潜み
地獄はいつか 変を起こした
地獄が彼らを 飲み込んだ
ある芸術家の物語。

 

上演日程
10月15日() 14:00/18:00
10月16日(
) 14:00/18:00
10月17日(月) 14:00

※受付開始・開場は開演の30分前。

チケット料金
早割 3,000円
(9月11日までのご予約・事前決済に限る)
前売 3,500円/ペア割 6,500円/当日 4,000円

お問合せ
https://infoartsshiki.wixsite.com/jigokuhen

協力:劇団山の手事情社 東京バビロン


  獣の仕業
第十四回公演『マクベス』
[Tomorrow, and tomorrow, and tomorrow,]

 

脚本
W・シェイクスピア

翻訳
坪内逍遥

脚色・演出
立夏

出演
小林龍二 雑賀玲衣 長瀬巧 恩田純也 今村貴登 きえる 野崎涼子(salty rock) 手塚優希

 

スコットランドの武将マクベスは荒れ地で三人の魔女に予言めいた祝辞を受ける。
「マクベス様、万歳、ゆくゆくは王様とならっしゃるマクベス様!」
夫人の熱狂的な後押しもあり、マクベスは王ダンカンを暗殺し王位を手に入れるが、
王位を失う恐怖から次々と手を血で汚していき……。

この悲劇の種と仕掛けは、人間の欲望によるものかそれとも魔術の悪知恵か、
あるいは、運命の采配か。

 

上演日程
10月21日(金) 20:00
10月22日(
) 14:00/19:00
10月23日(
) 13:00/18:00

※受付開始・開場は開演の30分前。上演時間90分~100分。

チケット料金
【劇場での観劇】
劇場チケット 2,500円
(前売・当日共)/劇場+紙脚本付きチケット 3,000円

※当日精算のみ。脚本付きチケットは要予約。当公演のチケット半券持参で1,000円割引。小学生未満のお子様のご入場はご遠慮ください。開演10分前を過ぎますとキャンセル待ちのお客様を優先してご案内致しますので、お席の確保ができない場合がございます。お時間には余裕を持ってお越しください。リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。

【配信での観劇(アーカイブ視聴)
配信チケット 2,500円/配信+脚本データ付チケット 3,000円

※配信期間:10月29日(土)~11月27日(日)/販売期間:~11月25日(金)

お問合せ
https://kemono.xxxxxxxx.jp/


  劇団ジャンガリアンハムスター
『鯨の女』
11月3日(木)〜6日(日)
https://www.djungarian-hamster.com/

  中央大学第二演劇研究会
2022年度秋公演『腥いこの世の中へ』

 

脚本・演出
田中雅希

出演
アキ 伊藤明寿美 倭東暸 一角二角 小野いずみ 夏炉冬扇 神崎仁太 喜家村壮 熊田有作 栗原駿太 古香みこと 霜月梓 泉水祐人 髙嶺海人 匿名希望 ニーナティランキ 波登利有珠 林村廉一 晴間貫 ハンコ屋 冨士原脩斗 星乃天音 牧愛純 松井光 みかん 山内浩敬

 

今からおよそ30年後の物語。

あらゆる病への治療法が確立した世の中でも、不治の病は存在します。
世紀の大発明である精神病特効治療システム「OverCome」は、不治の病すらも治療可能とするのです!

これは俗気溢れる腥いこの世の中にて、虐げられし者からのアプローチ。

 

上演日程
11月10日(木) 18:00
11月11日(金) 18:00
11月12日(
) 13:00/18:00
11月13日(
) 12:00/16:00

※開場は開演の30分前。上演時間は100分を予定。

チケット料金
前売・当日共 500円

お問合せ
https://nigeki.jp/


  富山のはるか
『バーン・ザ・ハウス』

 

脚本
戸塚ヤスタカ

演出
松尾祐樹

出演
緒形敦 東迎昂史郎(ゴジゲン) 足立信彦(順風男女) 丸山港都(東京夜光) 田中爽一郎

 

とある地方の村
大槻ヨダカは母の葬儀を終え、障害を持った兄・アサトと今後について話し合っていた。
すると、突然行方不明だった父・丈太郎が現れる。
『この家は呪われている!』
丈太郎の言葉を発端に大槻家を怪奇現象が襲い始める。
霊媒師、友人、父親、そして兄……
様々な人物を巻き込んでヨダカの物語は思いもよらぬ展開を迎える。
ヨダカたちを襲う呪いの正体とは一体……

 

上演日程
11月17日(木) 19:00
11月18日(金) 19:00
11月19日(
) 13:00/18:00
11月20日(
) 12:00/17:00

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前。

チケット料金
前売・当日共 3,500円
※全席自由・税込。一般発売日:10月15日(土)10:00~。

富山のはるか オフィシャル先行
https://w.pia.jp/p/harukafromtoyama22bthehof/

※受付期間:9月24日(土)12:00~10月7日(金)23:59。先行チケットは先着になります。先行チケットには特典がついてきます!!

お問合せ
https://harukafromtoyama.wixsite.com/toyamano


  劇団小雪 第六節気
『MAN・OF・FLOWERS』
~誰が為に花は咲く~

 

作・演出
くらもち翔

出演
加藤正航 TIM 田中康太 松本なつみ 志乃 Jun 角田風花 細谷かなえ 佐藤天亮 モトサカモト(ガラクタ) 川島拓矢(テアトルアカデミー) りん はっしー あやね

 

この世の起源、始まりの木
枯れ木と言われて幾年、この木が咲かなければ生命が尽きていくと言われている。
花を咲かせた者には富と名誉が与えられると言われているが未だ無し。

記憶を無くし彷徨っていた男、シド。
誰も知らない彼に少女は言う。
「花を咲かせることができるのはあなただけ」

花咲か爺をベースに第三回公演をパワーアップしてお届けする!
劇団小雪が誇る人気作!満を持して再演!

君に誓った言葉をもう一度!
枯れ木に花を咲かせましょう

 

上演日程
11月26日() 14:00/18:30
11月27日(
) 12:00/16:00

※受付開始・開場は開演の30分前。

チケット料金
前売 3,000円/当日 3,300円

お問合せ
https://showsetsu.com/


  燦然CAMP 新作舞踏公演
『舞踏山月記』

 

演出・振付・美術
阿目虎南

出演
谷口舞(大駱駝艦) 阿目虎南

 

「正気と狂気。表層に浮かぶすがたと内燃する気質とは分かち難く、意識は濃淡をもって織り交じっている。それらは漂白しながら互いにもつれ、揺らぎ、境界線上を往還する。問いは彼方から投げ掛けられた。私は俯瞰と凝視、積極的誤読を以て此処に対峙せねばならない」

これまで舞踏作品をはじめ、他ジャンルとの協働など幅広い上演を通して積極的に領野開拓とアップデートを進めてきた燦然CAMP。本作は中島敦「山月記」、李景亮「人虎伝」等の小説をモチーフとして、「変容のグラデーション」をテーマに構成されます。この歴史的文学作品に予てからシンパシーを抱き、現代における自身の実感を強く投影した舞踏家が独自の視点で描く「舞踏山月記」。行間に潜む事象を発掘・抽出し、生成と発酵、そして寄り道というプロセスの果てに立ちのぼる、緊張感のある風景。その感触と展開を、どうぞご堪能ください。

 

上演日程
12月2日(金) 19:30(A)
12月3日(
) 14:00/18:00(B)
12月4日(
) 13:00/17:00

※A:主宰によるアフタートーク、B:アフタートークゲスト:近藤秀實(多摩美術大学名誉教)。受付開始・開場は開演の30分前。

チケット料金
前売 3,000円

※11月1日(火)チケット発売開始。全席自由・税込。未就学児入場不可。

お問合せ
http://sanzencamp.com/


  route. file:003
僕らは、緩やかに殺されている
『ロストグリモワール』

 

出演
大内真佑花(タックエンターテイメント) 岸香保里 小泉日向 佐知 五月女泉 田中天(トイトニック) 夏川紗理菜 平安咲貴(route.C) まひたん ゆで ちぃ子

 

ああまただ。
鏡に写る自分の姿に、ため息をひとつ。

お気に入りだったピンクのフリルと赤いリボンのワンピース。
その可愛さが、違和感として私の体にべっとりまとわりついている。

毎日少しずつ、好きなものが似合わなくなっていく。

いつか私、ママみたいに、学校の先生みたいに、フリルもリボンも無いお洋服を着るのかしら。
この柔い頬も、小さな唇も、真っ白な手も、いつか消えてしまうのかしら。

コンコンと、誰かが窓をノックする。ああ、まただ。あの少年が来た。
永遠に美しいままの、私とは違う、あの少年が。

 

上演日程
12月21日(水) 14:00/19:00
12月22日(木) 14:00/19:00
12月23日(金) 14:00/19:00
12月24日(
) 14:00/18:00
12月25日(
) 12:00/16:00

※受付開始・開場は開演の30分前。

チケット料金
一般チケット 3,800円/プレミアムチケット 5,000円
(設定資料集12p/非売品ブロマイド)
平日昼割 300円OFF/U-22割 500円OFF

※11月1日(火)22:00発売開始。昼割とU-22割の併用可能。劇場公演は全て当日精算となります。現金のほか、クレジットカード、交通系などの電子マネーがご利用いただけます。

配信チケット 2,500円/配信版プレミアムチケット 4,000円 (設定資料集のPDFデータ/非売品待受データを送付)

お問合せ
https://twitter.com/routeccc


  劇団貴社の記者は汽車で帰社
Kisha Another Works Vol.06
『南総里見八犬伝の話が(まだまだ)したい!』
2023年1月8日(日)~9日(月祝)
https://kishax4.amebaownd.com/

東京バビロン http://www.tokyobabylon.org